血管腫・血管奇形研究会

研究成果発表会 - 佐藤 2010/04/26 (Mon) 21:07:08
トップページにも紹介しましたが、昨年度より「難治性血管腫・血管奇形」が難治性疾患克服研究事業の研究奨励分野に入り研究がされております。
昨年1年間の研究成果を札幌の斗南病院・血管腫血管奇形センター長である佐々木医師が発表されます。
現在も、血管奇形の診断基準などまだ確立されていません。こうして研究され血管奇形そのものに明るい光が差し込んでくる事を願います。
今回の研究成果発表会は、一般の方が傍聴できます。(個人での申し込みになります)私も 参加する予定でいます。多くの方に現在の研究成果を聞いていただけたらと思います。
そして、この動きが難病指定(難治性疾患克服研究事業)に入ることを願っています。(研究奨励分野は3年間という期限なので難治性疾患克服研究事業に入り研究が継続されますように・・・)
Re: 研究成果発表会 - 斉藤 やすよ 2010/04/28 (Wed) 14:30:17
もひ事斉藤です26日インターネットからの申し込みしました。
逢える事楽しみにしています。
Re: 研究成果発表会 - 佐藤 2010/04/29 (Thu) 00:05:08
わぁ!!!
お久しぶりです!
お会いできるんですね。
とっても楽しみにしています。
無題 - ゆちママ 2010/05/26 (Wed) 12:33:25
以前掲示板でもお知らせがあった研究成果発表会に出席してきました。
momoママさんのブログにもありましたが、私もてっきり今回の発表は177の研究奨励分野から選ばれた6疾患の発表かと思っていましたので、既に難病指定されている疾患の研究まで聞くことができて大変有意義でした。とはいっても、難しい内容に頭の回転がなかなか追いついていかなかったのが本音ですが。。。
そんな中でも、「潰瘍性大腸炎」の研究発表は興味深いものでした。
この疾患は40年近く前に既に難病指定を受けて、さまざまな研究が進められてきました。
そんな経緯があってこそだとは思いますが、「今ではこの病気にかかったら、この薬を飲めば間違いなく症状は改善されていく。そこまでわかってきている」と研究発表者の先生がおっしゃっていました。
娘たちの病気に関しても、「この治療をすれば絶対に症状は良くなっていくよ・・」という言葉が聞ける日が来ることを信じて、私も粘り強く活動を続けていこうと励まされたような気持ちになりました。
難治性疾患克服研究の成果と今後 - 夢 2010/08/07 (Sat) 15:21:49  
  5月に行われました難治性血管腫・血管奇形の研究成果の発表会の模様が動画にてアップされていました。http://www.sympo.jp/movie22obstinate/index.html