医療費助成の診断基準(重症度分類)と助成申請書

難病医療費助成制度の対象疾病が(指定難病)306疾患に拡大され、脈管奇形に関しては
下記疾病が追加となりました。2015年7月から難病医療費助成が開始されます。

     
 157  スタージ・ウェーバー症候群 概要、診断基準 臨床調査個人票
 278  巨大リンパ管奇形(頚部顔面病変) 概要、診断基準 臨床調査個人票
 279  巨大静脈奇形(頚部口腔咽頭びまん性病変) 概要、診断基準 臨床調査個人票
280  巨大動静脈奇形(頚部顔面又は四肢病変) 概要、診断基準 臨床調査個人票
 281  クリッペル・トレノネー・ウェーバー症候群 概要、診断基準 臨床調査個人票

※「概要、診断基準」ならびに「臨床調査個人票」の最新版につきましては,厚生労働省のホームページでご確認下さい。


●申請方法や流れについてのポイント
1)医療費助成を受けるには、病名があてはまり、重症度分類にて対象となる事が必要。
 もしくは、軽症であっても「長期的に高額の医療費が必要」であること。
 (対象となる疾患の月ごとの医療総額が、33,330円(3割負担であれば1万円)を
超える月が年間3回以上ある場合)
 
病名があてはまるだけでは、医療費助成は受けられません。
※詳細は、厚生労働省の「難病の方へ向けた医療費制度について」を参照下さい。

2)治療開始後における重症度分類については、直近6ヶ月間でもっとも悪い状態を
 医師が判断する事となっている。

3)申請には、
手間や諸経費(診断書や住民票取寄せ)が必要なので、注意が必要。
ただし、自分で判断せずに指定医に診断をしてもらう事も大事。

4)申請する場合は最初に、
自分の住んでいる地域の「難病申請の担当窓口」を確認する。
 申請手続きは、都道府県の保健所(一部の市の保健所)が窓口となる。

5)加えて、「
各都道府県の保健担当課や福祉課」などのホームページもチェック。
「申請書や診断書のダウンロード」は、各都道府県の保健担当課や福祉課のHPから。

6)「
指定医」も各都道府県で認定されているので、各都道府県のHPでチェックする。
 
※特にこの病気の専門医でなくても、「指定医」に診断書記入してもらう必要がある。

7)必要な書類が準備できたら、
住んでいる地域の担当窓口へ手続き
 → 各都道府県へ書類が送られて審査 →
約2〜3ヶ月後に結果が送られてくる。