症   例   1 
性   別 生   年 診 断 名 疾 患 部
2001 混合型血管奇形 左腹部〜左足全体 腹部が一番大きい腫瘍
症   状
リンパ管が主であるが、静脈・毛細血管が混ざり合っている。
もしかしたら、動脈も少々混ざっているかもしれない。

生まれつき病気を持って生まれてきた。
生後すぐから2歳半までピシバニールと切除を繰り返すが、すぐに再発。効果なし。

4歳で混合型血管奇形と診断される。
その後3年間経過観察のみ。

2009年より硬化療法・塞栓術を行っている。現在も治療中。

そ の 他
そろそろ思春期になるので、心と身体の成長とバランスが心配です。
現段階は、年に1.2回硬化療法と塞栓術とレーザーを行い現状維持ができれいると思う。
授業内容により、見学などをしているがクラスの友達とも楽しく過ごしている。
我慢する事も多いが、その分どこかで発散できるようにと気をつけています。