症   例   38
性   別 生   年  診 断 名 疾患部位 
1960  クリッペルウエーバー  右下肢
 症   状   
小さい頃、仙台の国立病院にて、電気をかけに月に一回ぐらい通院。今思うとレーザー治療だったのかもしれません。小学校二年の時、骨を削る手術?小学校六 年生の時、電気あんかで右足甲の患部に低音火傷をしてしまい、なかなか治らず中学一年で植皮手術をしました。その後も治らず数回手術。また、ふくらはぎの 患部にも潰瘍が出来、数回手術。その間に潰瘍のところから、血がふきだしたりし、高校の校舎で起きた時は、救急車で病院に搬送された事もありました。結 局、甲の潰瘍はよくならず、痛みも限界、足の親指などは、いつ爪が剥がれてもいいぐらいぐちゃぐちゃでした。高校三年の時、右足膝から下を切断。切断断端 部分に少し患部が残ったておりますが、この頃は落ち着き潰瘍は出来ておらず、出来ても治ってます。最終的には6回の植皮手術をしました。
今は体調が悪かったり、熱を出すと膝の裏の血管が膨らみ血流が良くなり過ぎてか神経が疼くような痛みで夜も眠れなくなります。膨らんだ血管ん触るとザザ〜ザザ〜とした感じが手に伝わるような感じがします。
 そ の 他   
結婚をし、子供への遺伝を心配しましが、大丈夫でした。
現在、ヘルパーの資格を取り、在宅やグループホームで働き、介護福祉士の資格。ケアマネの資格の研修中です。