症   例   39
性   別 生   年   診 断 名  疾患部位
 女  1974  静脈奇形  右手の甲
(親指と人差し指の交わるあたり)
 症   状 
静脈同士がかたまって瘤のように盛り上がっている。動かしても動かさなくても痛みがある。IVRを2度受けたが、病巣がとても細かく、蜂の巣状になっていると言われた。そのため針をさしても薬剤が漏れ出す危険がある箇所もあった。 
そ の 他  
現在、一時間弱ほどの作業で右手が動かせなくなるほどの痛みがある。家事、仕事、普段の生活レベルで苦痛がある。